Fandom


Plaguelandsの内戦

Ner'zhul……すなわちLich Kingは己に残された時間がわずかであることを悟っていた。凍てついた玉座に幽閉されたNer'zhulは、自分を滅ぼすためにKil'jaedenが手下を送り出すであろうと感じていた。Illidanの魔法による損傷で凍てついた玉座は裂けていたため、Lich Kingは日に日に力を失っていたのである。己の命を救うことを諦めた彼は、最も強い定命の下僕を呼び寄せた。デスナイトArthas王子である。

Lich Kingの衰弱によって自身の力も失われていたものの、Arthas王子はLordaeronの内戦に関わっていたのだった。アンデッド常設軍の半数がバンシーSylvanas Windrunnerに率いられ、アンデッド帝国支配のためにクーデターを展開したのである。Plaguelands各地で戦いが激化していく中、Lich Kingに呼ばれたArthas王子は副官Kel'Thuzadの管理下にあるScourgeを任されることとなった。

最終的に、「見捨てられし者」(the Forsaken)として知られるSylvanasと反逆のアンデッドたちは首都Lordaeronの廃墟を手中にする。荒れ果てた都市の地下に自らの拠点を築き、「見捨てられし者」は打倒ScourgeとKel'Thuzadとその手下たちをこの地から追放することを誓った。

衰弱しつつも主を救うことを決心したArthas王子は、Northrendにたどり着いたところでIllidanのナーガとブラッドエルフが待ち受けているのに気付いた。Arthas王子と同盟者であるnerubianはIcecrownの氷河へ向かい凍てついた玉座を守るために、Illidan軍と競ったのだった。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。